金融機関のブラックリストは存在する?

カードローンの支払いを延滞してしまったりしたときに、ブラックリストに載ってしまうと心配する人がいますが、実際「ブラックリスト」という「延滞者・危険な顧客一覧」のようなリストは金融機関には存在しません。

「ブラックリストに載る」とは、利用中のローン等の支払いが滞る回数が一定数を超えたり、返済ができなくなり自己破産や調停をした際などに、クレジットカードの利用履歴やローンの残額、支払い状況等を登録している個人信用情報機関にその情報を登録されることを指しています。

blacklist

信用低下の原因は事故情報にあり

この情報はクレジットカード会社、信販会社、消費者金融、銀行など各社で共有される情報のため、ある1社で返済が滞った記録が登録されてしまった場合、他社へ新たにローンの申し込みをした際にマイナスポイントになる、というような仕組みになっています。

つまり「ブラックリスト」というものはありませんが、個人のブラックな信用情報は全て共有され、個人の信用度が落ちてしまうということです。

ブラックな情報、つまり新たにローンを利用したりクレジットカードを作ったりする場合にマイナスとなる情報には、次のようなものがあります。これらは主に事故情報と呼ばれています。

延滞の履歴

まず1つ目は、ローンやクレジットカードの支払に関する延滞情報です。ここでは延滞したという事実だけではなく、延滞後どのくらいで支払われたか、どのくらいの期間延滞しているかなど、その経過も記録される場合があります。登録される情報は、個人信用情報機関によって様々ですが、概ね共通しているのは延滞の内容、代位弁済の履歴、取引停止や強制退会となった履歴などです。

自己破産・調停の履歴

もう1つは、自己破産や調停をしたという情報です。多重債務に陥り、返済ができなくなって自己破産などを行なう人が後をたちませんが、そういった事故情報は個人信用情報機関に一定期間記載されることになっています。

ただし、長期延滞や破産などのケース以外では、たった1度うっかり延滞したからと言ってすぐに事故情報として登録されるわけではありません。いつもはきちんと支払いをしている人が、たまたま銀行口座の残高が不足していて1度だけ引き落としができなかった、というケースなどもよくあるでしょう。

そういった場合はすぐに指定口座に振り込むなどの対応をすれば、事故情報が登録されることもありません。事故として登録されるのは、金融機関各社の方針によって基準が様々ですが、一般的には3ヶ月以上の滞納となったときが多いようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめリンク

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要で即日融資も可能!審査が早いキャッシングランキング

このページの先頭へ