申し込み前には必ず個人信用情報を開示しよう!

カードローン等で融資を受ける際には、金額に関係なく必ず審査を受けることになります。この審査では借入れできる金額や、申し込みの際に提出された情報に誤りがないことなどが確認されます。

偽りの情報などは必ず分かってしまいますから、正確な情報を提供することが必要になります。そして借入れの際に最も重要になるのはその人の借入れしてる履歴や額など、過去の返済の状況などです。返済が滞ったりした場合にはブラックリストに載ってしまいますので必ずこれはチェックされる項目です。

お金を貸す側にしてもなるべくリスクを抑えたいものですから、このような個人情報が必要になるのは仕方がありません。

jouhoukoukai

審査時に個人信用情報は必ずチェックされます

ブラックリストに載ってしまうと7年間はそのまま情報は消えずに残ってしまいますから、借入が出来なくなったり審査が通らなくなります。何度も審査を断られているとこのような情報も対象になりますのでご注意ください。このような個人の信用情報は、情報センターを通して業者は調べています。

現在信用情報センターは3つありますが、各業者はそれぞれの情報機関に登録していますので、その機関を通じて申込者の個人信用情報を確認しています。そのために、いざ自分が借入れをする際にはどんな情報が機関の中に出回っているのか知っておくことも大切です。その内容により、借入先を選ぶポイントにもなりますので、特に金額が大きい借入れをする場合には個人情報の開示をすることがお勧めです。それぞれの業者のホームページには、何処の信用機関を使っているか書かれてありますので、調べてみましょう。

個人でも信用情報の照会は可能

自分が借入れをしようとしてる業者が何処の信用情報センターに加盟しているかはすぐにわかります。個人情報の開示には多少に費用がかかりますが、申し込みをすることにより自分の個人情報がどんな内容で開示されているのが知ることができます。

信用情報センターのウェブから申し込みは可能ですので心配なときは調べてみると良いですね。これはあくまでも自分の情報だけですので、第三者の情報などは開示してもらうことはできませんのでご注意ください。

費用は1000円前後のところが多いです。個人信用情報センターには、銀行を初めとする金融機関や、信販会社などが加盟しています。融資を受ける際には銀行でも信販会社でも同様に、信用情報機関から情報の開示をしています。

すでに借入れをしていて、新たな借入れをする場合などはこの情報はあらかじめ自分で調べおくと審査に通るかどうかも分かりやすくなります。審査に断られることは決して良い情報として残りませんので、そのような不安がある場合などもかならず個人情報の開示をしておくと良いでしょう。審査に影響のあるような内容がある場合には融資を受けることも考え直さないといけません。

自分で気にしていなかったような過去の履歴も、実は融資にあたり影響がある場合もありますので、実際に審査結果まで待たず事前に知っておくことが大切な情報です。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめリンク

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要で即日融資も可能!審査が早いキャッシングランキング

このページの先頭へ