生活苦でお金を借りる時に知っておきたい3つのこと

生活苦になる事は今の時代誰にでも起こりえることです。リストラされたり、仕事がなかなか見つからなかったり、収入が減ってしまうことも珍しくはありません。食費も足りなくなるようでは、生活費を借入れする必要があります。こんな生活苦の場合にはお金を借りるときには知っておきたいことが3つありますので、ぜひ参考にしてください。

seikatsuku

1.借入れする金額に注意

お金を借りるにはさまざまな金融機関や信販会社、消費者金融などがあります。借入れできる限度額も様々ですが、申込者の収入によってその限度にも違いがあります。いくら限度額が500万円といってもみんなが500万円借りられるわけではありません。そして生活苦の場合には、お金を借りた場合返済の計画が立てられるかどうかを確認することが大切です。

お金はあればあるだけ楽なものですが、借入れ金額が多い程、月々の返済額も増えますし、返済期間も長くなる場合があります。そして金利にも注意しないといけません。早く返済をしないとどんどん利息の負担も増えてきます。

2.収入があるのかどうか

借入れをする際には収入があるかどうかが必要になります。生活苦でも収入がないと返済能力がないとみなされ、審査では厳しく評価されてしまいます。一定額以下であれば収入証明などは必要ありませんが、アルバイトでもパートでも収入がないと借入れは難しくなります。その収入に応じて、借入れの限度額も決定されますので仮に収入が多くある場合でも、生活苦の場合には、必要最低限の額を借りるように心がけましょう。

返済が楽に出来るように計画することが大切です。そしてすでに他の業者からお金を借りている場合には、それも審査内容に影響してきます。ブラックリストに載っていないかどうか、お金を借りるに当たり不利な条件がないほうが審査もスムーズに行われます。

3.生活苦には短期の借入

たとえば次の給料までどうしてもお金が必要、などの場合には短期での借入れもお勧めです。初めてお金を借りる人に限り、30日間無利息でお金が借りられたり、限度額も高額になっている業者あります。このようなキャンペーンを利用するのも、生活苦の場合にはその場しのぎとして効果的です。そしてすぐに返済をすることで翌月の負担も減るわけですから、なるべく借りたお金はすぐに返せるように計画しましょう。

借りるお金が少ないと、月々の返済額も少なくて済みます。30万円以下の借入れならば、月々の返済が7000円から始められる、というカードローンもあります。生活苦はとてもストレスもたまり大変な状況ですが、短期的にお金を借りてすぐに返済できるように心がけてください。そして生活費も無駄のないように節約しながら、借入額をなるべく小額に抑える必要があります。

どうしても必要な額だけを借りて、収入も増やすようにがんばってみましょう。お金は借りるのは簡単ですが、特に生活が苦しい場合には返済はとても困難になってしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめリンク

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要で即日融資も可能!審査が早いキャッシングランキング

このページの先頭へ