外国人でも日本でお金を借りれるの?

日本は、世界から見ればとても裕福な国で物価も高いですが、労働賃金も高い国の1つです。したがって、お仕事で日本に来たという外国人が最近は増えてきました。

ということは・・・お金を借りるのは「日本人」とは限りませんよね。

しかし、外国人がお金を借りるのって実は大変なことなのです。日本は特に外国人に対して許される権利への判断は厳しく、仕事や生活するのも大変と言われるくらいです。そんな外国人に厳しい日本。外国人は借入出来るのでしょうか?

gaikokujin

外国人のローン審査はかなり厳しい

借入はできますが。。。審査がかなり厳しい!!

特に住宅ローンなどの多額のローンは、外国人には組みにくいようです。外国人の融資で強い味方は「カードローン」です。審査は厳しいものの、ローンを組みやすいシステムになっています。

外国人への審査が厳しいのは「自国へ帰ってしまうとお金をかえしてもらえない」場合が多いからです。そこで、ポイントとなるのが「永住権」です。これは決め手となると言っていいくらいの審査対象です。

永住権は日本にずっと住むことができる権利ですが、これを習得するのは大変なことです。外国人が永住権を取得していることに信頼も得られます。それほど永住権取得は大変な手続きなのです。

他にも、日本滞在期間がどのくらいあるのか、職業は何か、住居について、などなど。日本人の審査以上に様々なことを調べられます。一時滞在の就労ビザではカードローンは組めません。あくまでも永住権が必要になってきます。

永住権がなければ借りれない?

日本にずっと住む証明がなければ、日本でお金を借りることは難しいのが実態です。カードローンの申込時には「特別永住者証明書」、「在留カード」が必要になります。

日本は他国と比べても、物価は高めなので、生活するのは外国人にしては大変なことだと思います。最近はアジア系の(フィリピンなど)外国人が日本で働いてお金を稼ぎ、母国に送金する人が多くいると聞きます。フィリピンは日本の物価標準の、だいたい3分の1と言います。それだけ、日本の生活基準は高い。暮らすだけでも大変ですよね。

でも永住権さえ取得できればカードローンは組めますので、困った時は心配ないです。ここでは申請する時に持参すると信用度がアップするものをご紹介します。

・外国人登録証明書
・最新の給料明細
・前年度の源泉徴収
・運転免許書
・健康保険書
・パスポート

また、他で借入をしていると断られることがありますので注意です。職業も夜の世界である「水商売」などはいくら高収入であっても変動する職業だとして、印象はよくありません。昼間勤務のお仕事の方が安定している職業として審査時にはプラスに判断されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめリンク

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要で即日融資も可能!審査が早いキャッシングランキング

このページの先頭へ