女性(主婦)でも安心して利用できるの?

安心してキャッシングを利用したい

女性の方、特に主婦の方はお金の悩みが尽きないですね。家族が多いと突然の出費に困ることもあります。また、努力してやり繰りをしていても、お金が不足してくることもありますね。

 

例えば、突然の冠婚葬祭や子供の教育資金、家族旅行等お金がいろいろかかることがあります。 冠婚葬祭は、結婚式やお葬式ですが、これは避けられないことです。また、夏休みに一度も子供を家族旅行に連れて行かないのもどうかと思いますので、やはりお金は必要になります。

 

このような場合のために、お金を手軽に借りることが可能なキャッシングカードを持っておくほうがいいでしょう。 カードが1枚あれば、出費が急にあった場合にも対応できますね。

 

パート主婦のキャッシング

 

一方、「主婦でも借りることができるの?」と言う疑問や不安あると思いますが、主婦の方でもお金を借りることはできます。

 

まず、パート(アルバイト)をしている主婦の方なら毎月きちんとパート代を貰っており、収入が定期的にあるために、きちんとした審査を受けて利用することが可能です。

 

ただ、総量規制によって現在ではお金を借りにくくなっているのが現状です。しかしながら、この総量規制は銀行が発行しているカードローンについては対象ではありませんので、銀行のカードローンであれば主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

配偶者貸付について

 

総量規制には例外というものが幾つかあって、そのうちの一つに「配偶者貸付」というものがあります。これはその名のとおり、配偶者である夫(妻)の同意があれば、その配偶者の年収をこの算定基準として認めることができるという制度です。

 

したがって、仮に夫の年収が600万円のサラリーマンであり、妻が夫の同意を得て貸金業者からキャッシングを行おうとした場合、住民票や戸籍謄本等婚姻関係を証明する書類と夫の所得を証明する書類を提出することにより、年収の3分の1(200万円)を限度としてキャッシングを行うことが理屈の上では可能となります。

 

夫に内緒で借りることも可能

 

もちろん、本当は夫に借りてもらった方が良いのですが、なかなか主婦はやり繰りがヘタだと思われるのが嫌で、夫には言えないことが多いです。そのために、夫に負担を掛けない方向で主婦でも借りられるキャッシングを検討してみると良いでしょう。夫に内緒で借りることも可能です。

 

ただし、利息が高いところは注意が必要ですし、長期的に返済すると利子が高くなるので、これも注意して支払計画を立てた上で申し込むことが肝心なポイントです。

 

 

レディースキャッシングは女性の味方

 

レディースキャッシングというのは、利用する人を広げるために金融業者が行っている女性専用のキャッシングサービスです。窓口から受付のオペレーターまで全て女性であるため、女性でも非常に利用しやすくなっています。

 

やはり男性のオペレーターや受付だと必要以上にマイナスイメージを持ってしまうものです。何のためにお金を借りるのか聞かれるだけでも萎縮してしまうこともあります。金融業者がその気がなくても、利用する女性客には怖いイメージで受け取られることもあります。

 

しかし、ファッションに美容や脱毛、デート代に女性もお金を必要としています。だから、今の時代はレディースキャッシングがウケているのだと思います。

 

充実したサービス

 

また、レディースキャッシングは、他の金融商品に比較すると顧客に対するサービスが非常に充実しています。例えば、キャッシングに主婦が申し込む場合でも、レディースキャッシングの場合は低い金利が設定されているといった特長があります。

 

ですが、いくら女性に優しいと言っても、返済が遅れる場合には非常に厳しく対応されます。これは金融業者なので当たり前のことですが、この辺りのことを理解していないと後でつらい目に合います。

 

返済は忘れずに

 

優しい女性が最初は応対していたから、少しくらい返済が遅くなっても大丈夫だろうという考えはやめてください。そのうちに女性だけではなくて、場合によっては直接男性から電話がかかるようになって、返済を定期的に促されます。こういう場合は凄みがある人からの電話も覚悟しておくべきでしょう。

 

レディースキャッシングは、基本的にプライバシーについてきめ細かく注意が払われていますが、支払いが遅れるようなことになると話は違ってきます。キャッシングのことを旦那様に内緒にしていたとしても、全部ばれてしまうことになります。最悪の場合には、夫婦間の信頼関係が崩れることにもなりかねません。

 

レディースキャッシングは非常に便利なサービスですが、利用する場合は十分に計画を立てましょう。

 

 

 

 

>> 来店不要で即日融資も可能なキャッシングの詳細はこちら

女性(主婦)でも安心して利用できるの?関連ページ

即日融資を受ける方法は?
急ぎでお金が必要な時、知っておくと便利なことが何点かあります。まずは、インターネット申し込みが最も早いことが多いという点です。そして、注意すべきは、インターネットでの申し込みおよび手続きの時間です。できることならば、午前中に行いたいものです。
店舗まで行かないと借りれませんか?
インターネット申し込みをした場合には、審査を通過した後、指定口座への振り込みという方法で融資が行われます。店舗に来店する必要はありません。キャッシングを利用したい人にとって、お金は少しでも早く手にしたいものです。
消費者金融ではいくらまで借りれるの?
消費者金融でお金を借りる際は限度額が設けられています。その額は各会社ごとに違いますが、初めての借入でいきなり数百万円も借りたいなどという人は稀でしょうし、現実的に考えて300万円程度あれば十分すぎる限度額設定だと思います。
借りたお金は何に使ってもいいの?
フリーローンとは使い道自由で、用途が限られていないキャッシングローンのことです。ギャンブル(パチンコ・麻雀・競馬・競艇・競輪)に使ったり、ヴィトンやエルメスといった高級ブランド品を買うためにキャッシングを利用するのも自由です。
パートやアルバイトでも借りれるの?
今の時代は正社員が少なくなって派遣社員やパート、アルバイトの方の人数が増えている傾向にあります。そのため、パートやアルバイトでもお金を借りることは可能になっています。
学生にもお金を貸してくれるの?
学生は定職に就いているわけでもなく、収入と言えばアルバイトの収入があるくらいのものですが、消費者金融業者はお金を貸してくれるのでしょうか。 結論から言えば、借入は可能です。条件を満たしていれば学生でもお金を借りることができます。
無職・無収入でもお金を借りられますか?
無職であるために収入がゼロの人はキャッシングできるのでしょうか?結果から言えば、無職で無収入のままでは借りることは不可能です。借りることが不可能である理由は、業者側の立場から考えても貸せないからです。
土日・祝日でもキャッシングは可能?
キャッシングを利用したいタイミングが土日や祝日であった場合はどうでしょうか?すぐにお金を借りることが出来るのでしょうか?結論から言えば、借りることが可能です。ただし、いくつか条件があります。
他の消費者金融でも借りているけど大丈夫?
他の消費者金融から借入をしている場合でも、債務残高が200万以下で、年齢、年収などの条件が審査基準に達していれば、カードローンを新たに契約することは可能です。
年収の3分の1以上借りる方法があるって本当?
総量規制というものは貸金業法上の定めであるため、貸金業者にのみ適用される定めです。銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象外であり、年収の3分の1以上の借入を行うことが可能です。
住宅ローンなどへの悪影響はありますか?
住宅ローンの審査を受ける際には、情報信用機関を通じて、それまでのクレジットカードの利用履歴や、キャッシングの借入履歴などを徹底的に照会されます。審査で遅延や滞納が無いとわかれば、ほとんどの場合何の問題もなく融資を受けることが可能です。