即日融資を受ける方法は?

急ぎでお金が必要な時知っておきたいこと

急ぎでお金が必要な時、知っておくと便利なことが何点かありますので、このページではそれらのポイントについてご紹介いたします。

 

即日融資の申し込みはネットから

 

まずは、インターネット申し込みが最も早いことが多いという点です。申し込みから契約までがWEBで完結します。自動契約機を訪問しての契約では、まず自動契約機に行くまでの時間がかかりますし、先客がいてすぐに自動契約機コーナーを利用できない可能性もありますので、やはりインターネットが早いと言えます。

 

インターネットでも自動契約機でも、審査のための資料は大体似通っているため、入力する項目はほとんど変わりません。勤務先、勤続年数、年収、他社借入額、借入希望額などが入力する項目です。本人確認書類は、免許証や保険証を写メールなどで送って本人確認を行います。

 

その他には電話でキャッシングの説明や、業者が気になること、例えば勤務先の職種や自分が会社で行っている業務の内容などです。会社への在籍確認もすぐに行ってくれます。無事に審査に通れば、すぐに指定口座にお金が振り込まれます。急ぎでお金が必要な時には実に便利な方法です。

 

ネット申し込みの手続きの時間に注意

 

注意すべきは、インターネットでの申し込みおよび手続きの時間です。できることならば、午前中に行いたいものです。なぜなら、多くのキャッシング会社が14時や15時までに審査に通過した場合にのみ、即日振込に対応しているからです。

 

もし、”急ぎでお金が必要だがインターネットでは即日融資を受けられる時間を過ぎている”という場合にはネットでの申し込み後、自動契約機に行きましょう。

 

通常、自動契約機は夜まで空いているので、仕事が終ってから行くこともできます。自動契約機での審査は平均して1時間くらいで終ります。契約が終ればその場でキャッシュカードが発行され、すぐにお金を引き出すことが出来ます。

 

すぐにお金を借りられない場合の多くは、土日祝日など、会社が休みで在籍確認がその日に取れない場合です。そのような場合には、会社の翌営業日に在籍確認をし、融資という流れになりますので、すぐに借入をすることができないので注意が必要です。

プロミス、アコムの即日融資の具体例

「今日お金を借りたい!」「今すぐにでもお金が必要だ!」という緊急の場合、即日融資を受けるためには、先ずキャッシング会社選びが大切です。

 

キャッシングの利用を考えている方には同様の悩みが多いため、即日融資が可能である金融業者はみな「即日融資」をうたっていて、分かりやすいと思います。目安としては、当サイトでも紹介しているような大手消費者金融や銀行系カードローンが即日融資に対応しています。

 

即日融資を提供してくれる業者でなければならないのはもちろんのこと、審査が早いことも条件の一つです。この人になら貸しても問題ない、と判断される要素を自分が持っていることが大切なので、自分の借入や収支の状況などを考慮して借りる会社を選びましょう。

 

即日融資を手助けするサービス

 

また、審査が早い業者は「30日間無利息」などのサービスを提供していることが多いと言うのも特徴なので、一つの目安としておくといいと思います。無利息期間のサービスを行っているキャッシングを具体的に挙げるならば、プロミスやレイクなどです。

 

これら業者の中にはスピード審査を行っているところもあります。これは、年収など数項目の入力によりどれくらいの金額を借りられるかを数秒で仮審査してくれるものです。この仮審査を受けることで、本審査がスピーディに行われることもあります。

 

それらの具体例としては、アコムの「3秒診断」などがあります。

 

前述の通り借りられそうか、そうでないか、また借りられそうであればいくらくらい借りられそうかを診断してくれます。本当に3秒で審査してくれますよ。私の場合はこの審査で、30分程で融資を受けたことがありますので、かなり早い方だと思います。この他にも「10秒審査」などを提供しているところもあり、こういったサービスを提供している業者は総じて審査が早い傾向にあります。

 

審査の際に気をつけることは虚偽の申告をしないことです。業者は個人情報を信用情報機関に問い合わせて情報の真偽を確かめるので、そこで申告と情報に食い違いがあれば審査が厳しくなり、即日融資を受けられなくなるかもしれません。

 

 

>> 来店不要で即日融資も可能なキャッシングの詳細はこちら

即日融資を受ける方法は?関連ページ

店舗まで行かないと借りれませんか?
インターネット申し込みをした場合には、審査を通過した後、指定口座への振り込みという方法で融資が行われます。店舗に来店する必要はありません。キャッシングを利用したい人にとって、お金は少しでも早く手にしたいものです。
消費者金融ではいくらまで借りれるの?
消費者金融でお金を借りる際は限度額が設けられています。その額は各会社ごとに違いますが、初めての借入でいきなり数百万円も借りたいなどという人は稀でしょうし、現実的に考えて300万円程度あれば十分すぎる限度額設定だと思います。
借りたお金は何に使ってもいいの?
フリーローンとは使い道自由で、用途が限られていないキャッシングローンのことです。ギャンブル(パチンコ・麻雀・競馬・競艇・競輪)に使ったり、ヴィトンやエルメスといった高級ブランド品を買うためにキャッシングを利用するのも自由です。
女性(主婦)でも安心して利用できるの?
サービスが非常に充実しているレディースキャッシングをご存知ですか?例えば、キャッシングに主婦が申し込む場合でも、レディースキャッシングの場合は非常に審査に通りやすく、低い金利が設定されているという特長があります。
パートやアルバイトでも借りれるの?
今の時代は正社員が少なくなって派遣社員やパート、アルバイトの方の人数が増えている傾向にあります。そのため、パートやアルバイトでもお金を借りることは可能になっています。
学生にもお金を貸してくれるの?
学生は定職に就いているわけでもなく、収入と言えばアルバイトの収入があるくらいのものですが、消費者金融業者はお金を貸してくれるのでしょうか。 結論から言えば、借入は可能です。条件を満たしていれば学生でもお金を借りることができます。
無職・無収入でもお金を借りられますか?
無職であるために収入がゼロの人はキャッシングできるのでしょうか?結果から言えば、無職で無収入のままでは借りることは不可能です。借りることが不可能である理由は、業者側の立場から考えても貸せないからです。
土日・祝日でもキャッシングは可能?
キャッシングを利用したいタイミングが土日や祝日であった場合はどうでしょうか?すぐにお金を借りることが出来るのでしょうか?結論から言えば、借りることが可能です。ただし、いくつか条件があります。
他の消費者金融でも借りているけど大丈夫?
他の消費者金融から借入をしている場合でも、債務残高が200万以下で、年齢、年収などの条件が審査基準に達していれば、カードローンを新たに契約することは可能です。
年収の3分の1以上借りる方法があるって本当?
総量規制というものは貸金業法上の定めであるため、貸金業者にのみ適用される定めです。銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象外であり、年収の3分の1以上の借入を行うことが可能です。
住宅ローンなどへの悪影響はありますか?
住宅ローンの審査を受ける際には、情報信用機関を通じて、それまでのクレジットカードの利用履歴や、キャッシングの借入履歴などを徹底的に照会されます。審査で遅延や滞納が無いとわかれば、ほとんどの場合何の問題もなく融資を受けることが可能です。