怖い人が取り立てに来るのではないかと心配

ドラマのような怖い取り立てはあるの?

借りたお金の返済が遅れた時、強面の人が自宅や職場を尋ねてきて脅しに来るようなイメージを持っている人は少なくないはずです。

 

これは漫画やドラマの影響でしょうが、実際にはそこまで強烈な取り立てはありません。というよりも、できません。以前こういった取り立てを行った金融業者が摘発され、一定期間営業停止を命じられていることもあり、こういった厳しい取り立ては法律的にも無理なのです。

 

大手業者や準大手業者の対応は紳士的

 

支払い予定日を過ぎた翌日〜数日以内に電話がかかってきて、「お支払い予定日が過ぎていますが、いつごろご入金いただけますか?」というような対応です。電話ではなく隠ぺいはがきで請求書が届くこともあります。電話でもハガキでも、業者の社名ではなく個人名であり、こちらの都合を考慮してくれるという紳士ぶりです。

 

ここで入金予定日を約束しますが、その日を過ぎても支払わなければ少し口調が攻撃的になります。「お支払いする意志はありますか?」というような感じです。

 

強気な姿勢の中堅・小規模業者

 

中堅業者はすこし強攻な姿勢です。連絡がつくまで1日に2〜3回は電話をしてくるでしょう。小規模キャッシング業者は、返済能力の低い人にも貸付を行っていることが比較的多いため、回収率が命です。勤務先に電話をかけたりと、かなり強攻な姿勢をとってきます。

 

また、中堅、小規模の電話連絡は督促の意味を含んだ電話です。「予定日に支払いが無ければ、一括支払いをお願いするかもしれない」というようなことを言ってくることもあります。

 

最もまずいのは、連絡を取らないことです。業者の通念として、連絡がつかない客は要注意客であるとするものがあります。よって、本人と連絡がつかなければ、携帯電話ではなく自宅や、勤務先に電話をかけてくることでしょう。また、小規模業者は訪問回収に踏み込むのが早いことが特徴です。

 

このように、暴力団(ヤクザ)が取り立てに来て怒鳴り散らして来るというようなことはほとんどありませんが、支払いから逃げれば逃げるほど、業者も執拗に追ってくるということを覚えておきましょう。

 

 

>> 来店不要で即日融資も可能なキャッシングの詳細はこちら

怖い人が取り立てに来るのではないかと心配関連ページ

どうしても今日中にまとまったお金が必要
今すぐお金がどうしても必要だという状況に置かれたとき、素早いキャッシングを実現するためには、いかに審査が早く終るかということがカギとなります。つまり、素早く審査をしてくれる業者を選ぶことが大切になります。
なかなかキャッシング審査に通りません
審査の際に決め手となるのが、信用情報機関への照会です。ここで、過去に何らかの支払いが滞ったという情報が登録されていれば審査に落ちることとなります。他にも理由はありますが、最も多い審査落ち理由はこれに尽きます。
借金のことを家族や友人に知られたくない
ネット申し込みは手軽でいいですが、キャッシュカードや契約書などが後日郵送されてきます。自分が不在時に家族が受け取れば、キャッシングを利用したことがばれてしまいますので、内緒にしておきたい場合はインターネットからの申し込みは避けましょう。
複数業者からの借入を低金利業者にまとめたい
実際の借り入れ状況などによっても変わってくるため慎重な検討が必要ですが、金利が安くなる・返済額が軽減されるという2つのメリットが確実に得られる人にとって「おまとめローン」は非常に有効な手段であるといえます。
今月分の支払いを先延ばしにしたい
支払いを遅らせた場合には、ペナルティが課せられます。返済に間に合わないことは一番の御法度です。それでもどうしようもなくなり、返済が困難になった場合には、まず業者に一本だけでも電話を入れるようにしましょう。